豚プラセンタよりお勧めの理由

豚プラセンタよりお勧めの理由

これまでのプラセンタは豚のプラセンタが主流でした。サプリメントでもドリンクでも豚プラセンタだったような気がします。
しかし、最近は馬プラセンタという流れになって来ている気がします。これはどういうことなのでしょうか。

 

馬プラセンタは基本的に馬という動物の生育環境などを見ても病気になりにくいということが言えます。
病気になりにくいということは、薬やワクチンを使わなくてもいいということです。
これは、プラセンタそのものが安心です。
また、馬は広い土地でキレイな空気、キレイな水のある場所で育つのが一般的です。一方、豚はそのような生育環境でないということは容易に想像ができます。
環境面から見ても、馬の方がよりよいということが言えます。

 

プラセンタの内容を見てみましょう。
胎盤ということで、どちらも多くの成分が配合されているのですが、注目すべき点はアミノ酸です。
豚より馬の方がアミノ酸の量が1.2倍多くなっていますし、含まれるアミノ酸の種類も多いということが分かっています。

 

育つ環境、薬やワクチンの使用について、配合されているアミノ酸の量、配合されているアミノ酸の種類から見て、豚プラセンタより馬プラセンタということが言えるでしょう。